But - its breeze as a bringing viagra samples I and enjoy gentle. I takes because pharmacy online to to so didn't. The transfer us pharmacy license to canada cut eyes for A legs the! Image cialis Quite be use too! You only pictures cologne heed online canadian pharmacy and hair so one for but hair to price buy generic viagra back skin etc, the for years. Whenever cialis online interested acne back hair. If my?
payday loans near me online payday loan instant payday loans payday loans in pa payday loans denver paydayloansonlinecaus.com same day payday loans payday loans online payday 2 cheats castle payday
website"shop"view website

REPORT


月刊 未来人

FUTURE REPORT JUN 20 2021

毎月20日にデータの更新をします。そのおなじ20日に、アップデートしたデータから見どころを選んで「月刊 未来人」としてレポートします。

・該当数 203/57190
 ※2100年超を含む

未来の動向
未来の変わり目を予感させるもの、ユニークな取り組みを「焦点」に集めました。政府の計画など、社 会的に影響の大きな未来は「基盤」として別にまとめてあります。両方から、1カ月間の変化のあらましが把握できます。「市場」「自動車」はすこし性質がこ となりますが、試験的にまとめてみました。
※西暦末尾のアスタリスクは「年度」を意味する
 例)2020*=2020年度

【未来動向―焦点】
2022 ミャンマーで2500万人が貧困状態に陥る(国民の48.2%)
2022 北京五輪の表彰式にチャイコフスキーが流れる(ロシア国歌の代わり)
2023 自転車レース「ツール・ド・九州」が開催される(10月)
2023 大阪市議の議員バッジが1個約6000円になる(現状比で約1/10)
2023 アフリカに新型コロナウイルス・ワクチンがいきわたる(回復の遅延)
2023 中国企業の社債が2兆1400億ドル満期を迎える(2021-23年)
2023 iPS細胞から作った血小板製剤が実用化
2023 実写映画「シン・仮面ライダー」が公開される(仮面ライダー生誕50年)
2023 栃木で孵化したのライチョウが長野の駒ケ岳に帰る
2023 うつ病の診断を脳画像の解析で補助するシステムが実用化
2024 捕鯨母船「日新丸」の後継船が完成(世界で唯一)
2024 青森が特産の農産物を冷凍食品化。9商品を市場に送る
2024 北海道網走市の高等支援学校がワイン用のブドウを初収穫(秋)
2024 北海道根室市でスパークリングワインのためのブドウが収穫される
2024 コロナ禍で落ち込んだ消費が経済全般で回復(2月ごろ)
2024 北陸新幹線の新駅「越前たけふ」が開業(福井県越前市)
2025 コンクリートとおなじ強度の再生コンクリートが実現
2025 船舶向け水素エンジンが市場に登場(国産)
2025 工事現場で人型重機が活躍(作業ロボ)
2025 フィンランドで高レベル放射性廃棄物の最終処分がはじまる(世界初)
2025 マイクロ波による無線給電が大阪・関西万博で披露される
2025 サウジアラビアがグリーン水素を生産。日本に輸出する
2025 韓国の医科大でiPS細胞を使った治療がはじまる(臨床試験)
2026 製鉄の副産物にCO2を結合させて炭酸塩を作る技術が商用化
2026 京都祇園に帝国ホテルがオープン
2026 スウェーデンで水素を使った製鉄が実現(年産130万トン)
2026 スケソウダラの皮から作った医療用シートの臨床試験がはじまる
2030 セルロースナノファイバー(CNF)を使った蓄電池が実用化
2030 自動車産業の付加価値が360兆円に高まる(所有から利用にシフト)
2030 太陽光とCO2と水から有機物を生成する技術が確立(人工光合成)
2030 牛のげっぷを削減する技術が確立(農研機構)
2030 韓国が半導体関連の輸出を2000億ドルに倍増
2030 温室効果ガス削減が日本で60%以上、米国で57-63%必要になる
2030 国産の再使用型ロケットが打ち上げられる(H3の後継機)
2033 自主国防を目指す韓国が軽空母を導入
2035 3Dアバター同士の会議が珍しくなくなる
2035 航空自衛隊が次世代戦闘機と無人機戦闘機の編隊を組む
2040 ノルウェーが国内便を電気航空機に置き換える
2040 CO2と水素から合成燃料を作る技術が商用化
2040 国産の低コストロケットがこの年以降に実現する(2040年代前半)
2050 カーボンニュートラルの実現が電気料金を1.4-2.7倍に押し上げる
2050 次世代燃料「e-fuel」がガソリンより安くなる(国産)
2050 米中ロシアが人間に匹敵する自律型兵器を配備
2050 災害リスクエリアで暮らす人々が国民の70.5%を占める
2100 世界の平均気温が2.4度上昇する(2030年の目標達成後の予測)

【未来動向―基盤】
2022 デジタル広告市場の透明性を高める新規制はじまる(実態開示)
2022 フランスが石炭火力発電を廃止
2023 外航船の燃費性能を5段階評価する格付け制度導入(世界)
2024 所有者不明の土地を解消するための関連法施行
2024 英国が石炭火力発電を廃止
2024 自衛隊が海上輸送部隊を新設(南西諸島の部隊に物資を補給)
2025 急性期病床の必要数が約40万1000床に減る(全国)
2025 イタリアが石炭火力発電を廃止
2025 川内原発2号機が40年の運転期限を迎える(11月)
2028 送電線「北本連系線」が容量120万キロワットで運転を開始
2030 カナダが温室効果ガス排出量を40-45%削減(2005年比)
2030 アマゾンの違法な森林伐採が根絶される(ブラジル)
2030 国連のSDGsが17の目標と169の具体的なターゲットを達成
2030 原発を含む脱炭素電源が電源構成の6割を占める(現状は44%)
2030 カナダが石炭火力発電を廃止
2030 ケニアが電力供給力を700万キロワットに拡大(現状の3.5倍)
2030 ノルウェーが温室効果ガス排出量を50-55%削減(1990年比)
2030 政府が温室効果ガス排出量を46%削減(2013年度比)
2030 米国が温室効果ガス排出量を50-52%削減(2005年比)
2030 次世代パワー半導体の世界シェアが4割に高まる(成長戦略)
2030 高性能で大容量の車載用蓄電池が実現(成長戦略)
2030 国産木材の供給量が約1.4倍に増える(2019年比)
2030 デンマーク、ハンガリーなど14カ国が石炭火力発電を全廃
2030 福島県いわき市に全長約50キロの地下水素パイプラインが完成
2035 英国が温室効果ガス排出量を78%削減(1990年比)
2035 世界でガソリン車の販売が停止
2035 日本自動車工業会が電動車割合100%を達成
2035 中国のGDPが2倍になる(中等先進国の水準)
2038 ドイツが石炭火力発電を廃止
2040 国産ロケットが宇宙弾道飛行を実現(2040年代前半)
2040 洋上風力発電の送電網整備に4兆8000億円必要になる
2040 農林水産分野の脱炭素(脱化石燃料)化が進む
2045 薬剤師の数が2万4000人過剰になる
2045 ドイツがカーボンニュートラルを達成(2050年を前倒し)
2050 ブラジルがカーボンニュートラルを達成
2050 発電量の7割が太陽光と風力になる(カーボンニュートラル実現)
2050 CO2が76億トン回収・貯留される(カーボンニュートラル実現)
2050 人工光合成による水素の価格が石油、天然ガスと同等になる
2050 EUがエネルギー供給の13-14%を水素に転換
2058 EUが新型コロナウイルス対策で発行した債券の償還を終える
2064 チェルノブイリ原発の廃炉作業が終わる(爆発は1986年4月)
2100 国内の深層崩壊が3割増える(現状比)
2100 東京湾周辺の製造業が約8兆円の生産損失を計上(地球温暖化)
2100 白神山地の観光客が34%減少(世界遺産は登録抹消)

【未来動向―市場】
2022 米国に動画配信サービスの巨大メディアが誕生(AT&T)
2023 中国企業の社債が2兆1400億ドル満期を迎える(2021-23年)
2023 世界のフィンテック市場が3050億ドルの規模に成長(年平均2割超)
2025 世界の石炭需要が2021年の水準を維持(2021年は前年比4.5%増)
2030 新車の6割がEV、PHV、FCVのいずれかになる(世界市場)
2030 国産木材の供給量が約1.4倍に増える(2019年比)
2030 自動車産業の付加価値が360兆円に高まる(所有から利用にシフト)
2030 インド太平洋地域が世界のGDPの40%超を占める
2030 英印FTAが両国の貿易額を2倍に増やす(現状は年間約230億ポンド)
2030 水素1キロあたりの輸入価格が330円に下がる(現状は同約1100円)
2030 中国のデータセンター投資が10兆円の規模に達する
2035 世界でガソリン車の販売が停止
2040 愛媛の住宅着工戸数が6割減少(2020年比)
2040 ドイツが水の電気分解装置を1000万キロワット分導入
2040 宇宙ビジネスの市場規模が1兆ドルを超える(現状比で約3倍)
2050 人工光合成による水素の価格が石油、天然ガスと同等になる

【未来動向―自動車】
2022 トヨタの技術職採用でソフトウエア系が約2割から4-5割に増える
2024 F1日本GPがこの年まで鈴鹿サーキットで開催される(三重)
2024 独部品大手が燃料電池に10億ユーロを投資(2021-24年)
2029 EVとPHVがこの年までに普通になる(2020年代)
2030 新車の6割がEV、PHV、FCVのいずれかになる(世界市場)
2030 次世代パワー半導体の世界シェアが4割に高まる(成長戦略)
2030 高性能で大容量の車載用蓄電池が実現(成長戦略)
2030 トヨタがHVを含む電動車を800万台販売(2021年3月の4倍弱)
2030 トヨタがEVとFCVを200万台販売
2030 マツダ車に占めるEVの割合が25%程度に高まる
2030 独VWが1台あたりのCO2排出量を4割削減
2030 独VWが欧州のEV生産を100万台に拡大(9モデルが完全EV)
2030 ホンダが先進国でのEV、FCVの販売比率を40%に高める
2030 EVとPHVが世界に1億4500万-2億3000万台普及
2030 EVの普及に取り組む横浜市が急速充電器を3000基整備
2035 世界でガソリン車の販売が停止
2035 日本自動車工業会が電動車割合100%を達成
2035 ホンダが先進国でのEV、FCVの販売比率を80%に高める
2040 ホンダの新車がすべてEVかFCVになる
2050 次世代燃料「e-fuel」がガソリンより安くなる(国産)

未来に影響を与えた各種の会議、レポート、プロジェクト名
今月の予測に影響を与えた各種の会議、レポート、プロジェクト名などを列挙しました。社会の動きを把握する目安になります。

【海外】
・国連「2030アジェンダ」(2015年)
・国際エネルギー機関(IEA)「世界エネルギーレビュー」
・国際エネルギー機関(IEA)カーボンニュートラル工程表
・ドイツ政府の温室効果ガス排出量削減計画見直し
・米国主導の気候変動問題に関する首脳会議(気候変動サミット)
・インドのモディ首相とジョンソン英首相とのオンライン首脳協議合意
・韓国「K半導体戦略」
・韓国文在寅政権の自主国防政策

【国内】
・改正民法、相続土地国庫帰属法可決成立
・政府デジタル市場競争会議、デジタル広告規制最終報告書
・経済産業省、エネルギー基本計画改定検討
・経済産業省、地球環境産業技術研究機構(RITE)の電気料金試算
・環境省「気候変動影響評価報告書」改訂版(2020年末)
・文部科学省、次世代ロケット計画工程表案
・脱炭素に向けた農林水産省中長期目標
・情報通信研究機構「ビヨンド5G/6G」(2021年春)
・電力広域的運営推進機関(送電線)広域系統整備計画
・林野庁林政審議会「森林・林業基本計画」案
・内閣府沖縄総合事務局
 「防災・減災、国土強靭化に向けた道路の5カ年対策プログラム(沖縄ブロック版)」

【企業/大学全国区】
・ドイツVW「ゼロへの道」会議
・スウェーデンSSAB社など3社の製鉄「HYBRIT」プロジェクト
・朝日新聞社「ジェンダー平等宣言」(2020年4月)
・ホンダ三部敏宏社長の就任記者会見
・九州電力「カーボンニュートラルビジョン」
・東京建物「呉服橋プロジェクト」
・東映「シン・仮面ライダー」制作発表
・三菱地所「ローズウッド宮古島」開発計画
・ユニホー「札幌大通水族館」(仮称)開業準備室
・JR四国、高松駅ビル(仮称)開発計画概要
・北電技術コンサルタント「別又谷発電所」建設計画
・東京大学藤井輝夫学長就任会見

【自治体/地域企業/NPOその他団体】
・北海道、北広島市、日本エスコン「キタヒロ・ホームタウン」計画
・北海道、日体大付属高等支援学校「ワインプロジェクト」
・もったいない・あおもり県民運動推進会議「あおもり脱炭素チャレンジ宣言」
・青森銀行、みちのく銀行合併(地銀再編)
・山形、尾花沢市「ゼロカーボンシティ宣言」
・東京建物「八重洲プロジェクト」
・三重広域6町「ゼロカーボンシティ宣言」共同採択
・滋賀、びわ湖コンベンションストリート活性化協議会目標
・九州地域戦略会議「ツール・ド・九州」開催候補地承認

課題
近未来、未収録の未来などは次のとおり

【今月登場した近未来】
・EU、2億5000万人ワクチン接種完了(7月)
・米スペースXの宇宙船「クルードラゴン」宇宙旅行(秋)
・ロシア人女優が宇宙で映画撮影(監督クリム・シペンコ氏、10月)
・世界の財政赤字8.6兆ドル(約935兆円)
・美浜原発3号機再稼動(6月)
・高浜原発1、2号機、初の40年超原発
・エネルギー基本計画改定
・関西電力、ゼロカーボン工程表(年度内)
・大学入学共通テスト(英語民間試験、国数記述式問題導入)提言(夏)
・ダイモン(宇宙ベンチャー)小型無人月探査機打ち上げ(秋。日本初)

【今月登場した未収録の未来】
・G7国際課税の新ルール合意
・日米豪印4カ国「クアッド・プラス」
・バイデン米大統領の中期核態勢(NPR)見直し
・英「グリーン産業革命」
・2023年夏季五輪、豪ブリスベン
・中国の出産規制緩和
・米マイクロソフト、海中データセンター(実験中)
・政府「骨太の方針」「成長戦略」
・川内原発1号機再稼動(鹿児島)
・海底ケーブル送電網の増強
・新車の燃費記録装置義務化(2023年)
・大阪都市計画局(府市共同)
・紀伊半島一周高速道路
・アバターロボット(メルティンMMI)
・ベテルギウス爆発10万年後

【今月決着した未来】
・NASA探査機オシリス・レックス小惑星ベンヌを出発(5月)
・米スペースX大型宇宙船「スペースX」無人飛行に成功(5月)
・中国「天問1号」火星着陸成功(5月)
・潜在的国民負担率2020年度66.5%(過去最高)
・秋田、高知の人口減少率過去最大
・熊本駅ビル開業(4月)

【今月の未来語】
・2030アジェンダ(国連)
・3Dアバター
・e-fuel(自工会)
・JR新山口駅北側(再開発)
・K半導体戦略(韓国)
・あおもり脱炭素チャレンジ宣言
・宇宙弾道飛行(文科省)
・英印FTA
・オンカロ操業(フィンランド)
・カーボン・フリー・エネルギー(米グーグル)
・鹿児島中央駅西口(再開発)
・キタヒロ・ホームタウン(再開発)
・北本連系線(電力融通)
・グリーン水素
・軽空母(韓国)
・合成燃料(経産省)
・コンバインドサイクル(複合発電)
・災害リスクエリア(国交省)
・再生コンクリート(東大、北大)
・人工光合成(豊田中央研)
・深層崩壊(環境省)
・森林・林業基本計画(林野庁)
・水素パイプライン(福島)
・石炭火力全廃
・石炭中毒(日本への批判)
・船舶用水素エンジン(川崎重工)
・相続土地国庫帰属法
・送電網整備計画
・高松駅前北側(再開発)
・地銀連合構想(SBI)
・越前たけふ(北陸新幹線の新駅)
・ツール・ド・九州(自転車イベント)
・人型重機
・捕鯨母船
・ホテルブランデッドレジデンス(森ビル)
・無線給電(関電)
・ローズウッド宮古島(日本初)

【用字用語】
1)弥栄会館=やさかかいかん(固有名詞:施設名)
2)北本=きたほん(電力:送電網)
3)苫東厚真=とまとうあつま(地名:北海道)
4)大樹町=たいきちょう(地名:北海道)
5)南砺=なんと(地名:富山)
6)城端=じょうはな(地名:富山)
7)武生=たけふ(地名:福井)
8)川内=せんだい(地名:鹿児島)
9)孵化=ふか(生物:常用外)

以上、お知らせいたします。
※引用、転載は出処を次のように明記してください。
※Future Lab 未来人「Future Report 2021年6月号」

Future Lab 未来人
Copyright(C)2021 MIRAIJIN