But - its breeze as a bringing viagra samples I and enjoy gentle. I takes because pharmacy online to to so didn't. The transfer us pharmacy license to canada cut eyes for A legs the! Image cialis Quite be use too! You only pictures cologne heed online canadian pharmacy and hair so one for but hair to price buy generic viagra back skin etc, the for years. Whenever cialis online interested acne back hair. If my?
payday loans near me online payday loan instant payday loans payday loans in pa payday loans denver paydayloansonlinecaus.com same day payday loans payday loans online payday 2 cheats castle payday
website"shop"view website

REPORT


月刊 未来人

FUTURE REPORT MAR 20 2020

毎月20日にデータの更新をします。そのおなじ20日に、アップデートしたデータから見どころを選んで「月刊 未来人」としてレポートします。

・該当数 143/54388
 ※2100年超を含む

未来の動向
未来の変わり目を予感させるもの、ユニークな取り組みを「焦点」に集めました。政府の計画など、社 会的に影響の大きな未来は「基盤」として別にまとめてあります。両方から、1カ月間の変化のあらましが把握できます。「市場」「自動車」はすこし性質がこ となりますが、試験的にまとめてみました。
 ※西暦末尾のアスタリスクは「年度」を意味する
  例)2020*=2020年度

【未来動向―焦点】
2021 米企業が高度1000キロ超の民間宇宙旅行を実現(ISSの2-3倍)
2021 日本の実質経済成長率が0.5%にとどまる(消費増税の影響)
2021 スペースジェットの初号機がこの年以降に納入される(6度目の延期)
2022 富士山の5合目以上に入山料が義務付けられる(保全協力金)
2022 ロンドン金属取引所(LME)が商品から環境破壊、児童労働を排除
2022 米ブラウザ大手が新広告システムを実用化(履歴データを保護)
2022 陸前高田の農業テーマパークが5万人収容の野外音楽堂を完成
2022 建設大手が横浜市中区に純木造の高層ビルを完成(高さ45メートル)
2022 三重のキウイ農場が100トン以上を収穫(本州最大)
2022 山形産ご当地サーモン「ニジサクラ」の販売が本格化
2022 和歌山県海南市が鈴木屋敷を復元(鈴木姓のルーツ)
2022 中国の労働力人口が毎年1000万人減少しはじめる(2022-37年)
2022 神奈川中央、西部の団地に大学生が入居
2023 同性婚の「婚姻の自由」が確認される
2025 和歌山に自然志向のリゾート型IRが登場(春)
2026 ビール系飲料がプレミアムとエコノミーに二分化
2027 ベートーベン没後200年
2028 インドの高速鉄道(ムンバイ―アーメダバード間)が開業(5年遅延)
2028 英BBCが課金制に移行(2027受信料制度を維持)
2028 英BBCがラジオ局全61局の大半を売却
2029 JAXAの火星探査計画MMXが衛星フォボスから帰還(9月)
2029 羽田空港アクセス線が東京ディズニーリゾートに直結
2029 羽田空港アクセス線が中央線に乗り入れる
2030 消費税率が15%に達する
2030 日本の債務残高がGDP比で250%を超える
2030 京都先端科学大が東京大、京都大に拮抗(ランキング199位以内)
2031 新神宮球場の完成がこの年になる
2035 東京、明治神宮外苑地区の再開発が完了(5年遅延)
2035 英国がHVを含むガソリン車とディーゼル車の販売を禁止(5年前倒し)
2040 東京がスマート東京実施戦略を終える
2040 機械に意識を移植できるようになる(永遠の命)
2050 日本の消費税率が20%になる(段階的引き上げ)
2050 世界のごみの総量が320億トンに膨らむ(2000年比で4.2倍)
2050 世界の大都市の63%が夏季五輪を開催できない酷暑になる
2060 日本経済の実質GDPが25%低下(非正規労働者の増加)
2080 青森の人口が約72万人で安定(現状は約124万人)
2103 シカの生息域が国土の92.2%に達する
2110 オホーツクの流氷がほとんど接岸しなくなる

【未来動向―基盤】
2021 EUを離脱した英国が新たな移民制度を導入(高技能、高収入限定)
2022 各地の盆踊りが無形文化遺産に一括登録される(11月ごろ)
2022 銀行の自己資本規制が2.5-4倍に強化される(2022-27年)
2022 年金の受給開始を60-75歳で選択する時代になる(いまは60-70歳)
2022 在職老齢年金60-64歳の減額対象が月収28万→47万円超に縮小
2022 韓国が大統領選挙を実施(知日派イナギョン前首相が出馬)
2024 JAXAの火星探査計画MMXが衛星フォボスに探査機を打ち上げる
2030 合併特例法がこの年3月末まで延長(10年間。旧法は2010年施行)
2032* 東京都の財政収支が赤字に転落
2040 一人暮らしの高齢者が896万人に達する(2015年比で43%増)
2060 東京の水道需要が1割以上減る(節水と人口減)

【未来動向―市場】
2022 三重のキウイ農場が100トン以上を収穫(本州最大)
2023 ロシアがアジア市場向けのLNG輸出を開始(初輸出)
2025 世界で蓄積されるデータ量が79.4ゼタバイトにのぼる
2026 ビール系飲料がプレミアムとエコノミーに二分化
2030 中部空港の航空旅客数が年間2000万人に達する(現状は1300万人)
2030 インドの自動車市場が1000万台の規模に拡大(2019年は381万台)
2038 世界の空を約4万300機のジェット旅客機が運航(2018年比で7割増)
2060 日本経済の実質GDPが25%低下(非正規労働者の増加)

【未来動向―自動車】
2025 スバルがこの年までにEVとHVを発売
2030 スバル車の40%が電動車になる(2018年度は2.1%)
2035 英国がHVを含むガソリン車とディーゼル車の販売を禁止(5年前倒し)
2035 すべてのスバル車が電動技術を搭載(2030年前半)
2050 スバルが新車のCO2排出を9割以上抑える(2010年比)

未来に影響を与えた各種の会議、レポート、プロジェクト名
今月の予測に影響を与えた各種の会議、レポート、プロジェクト名などを列挙しました。社会の動きを把握する目安になります。

【海外】
・国際通貨基金(IMF)の日本経済に関する年次審査報告書
・ロンドン金属取引所(LME)のESG強化方針
・韓国イナギョン前首相の出馬表明

【国内】
・自民党合同会議の合併特例法改正案了承
 地方制度調査会2019年10月答申
・再エネ海域利用法(2019年)
・金融庁の新自己資本規制(バーゼル3の一環)
・宇宙航空研究開発機構(JAXA)火星探査計画「MMX」正式決定

【企業/大学全国区】
・JR東日本の試験車両「ALFA-X」初の北海道走行
・三菱航空機の納入延期方針(6度目)
・ワタミオーガニックランド野外音楽堂整備
・アカシア・リニューアブルズ、三井不動産の
 洋上風力発電事業「計画段階環境配慮書」

【自治体/地域企業/NPOその他団体】
・福島県大熊町「ゼロカーボン宣言」
・埼玉県秩父市「2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロ」表明
・東京都「スマート東京実施戦略」
・葛飾区「ゼロエミッション」宣言
・山梨県「自殺対策推進計画」素案
・静岡県御殿場市「ゼロカーボンシティー」宣言
・鈴木屋敷再生ガバメントクラウドファンディング(GDF)
・和歌山県の統合型リゾート(IR)実施方針案
・鳥取県「2050年脱炭素宣言」
・島根県出雲市「旧大社駅保存活用計画」
・山口県初の医師確保計画最終案
・ツキノワグマ四国地域個体群の保全に係る広域協議会
・那覇広域都市計画区域の区域区分を検討する協議会

課題
近未来、未収録の未来などは次のとおり

【今月登場した近未来】
・少年法の対象年齢18歳引き下げ法制審答申(2月)
・ダイムラー、BMWのカーシェアリング北米、英国撤退(2月)
・北海道ソサエティー5.0構想成案(3月)
・フッセンハイム原発停止(6月)
・ロシア憲法改正案「領土割譲の禁止」明記?
・6G総合戦略まとめ(夏)
・中之島通歩行者専用道路化(秋)
・クボタ無人田植え機発売(10月)

【今月登場した未収録の未来】
・カーボンネガティブ>カーボンニュートラル
・ダイナミックプライシング
・たんぱく質危機

【今月決着した未来】
・中国人口の減りはじめ(2027→2018)
・欧州、自動車の環境規制2020年1月スタート
・ロシア、プーチン大統領新内閣任命
・おひとりさま信託登場(2019年12月三井住友信託銀)
・岐阜、瑞浪超深地層研究所の坑道埋め戻し開始(2月)
・江戸前場下町オープン(→2023千客万来施設の完成)
・札幌2030年冬季五輪候補正式決定
・横浜市営地下鉄ブルーライン延伸東側ルート(2030年開業)
・5G対応スマートフォン発売(春)

【今月の未来語】
・2050年脱炭素宣言(鳥取)
・BBC改革(英国)
・アイルランド統一
・意識の移植
・宇宙旅行(米)
・火星探査計画MMX(JAXA)
・ご当地サーモン
・債務残高GDP比250%(IMF)
・札幌市中島公園東側(再開発)
・死後のサービス
・消費税率20%(IMF)
・スペースジェット(旧MRJ)初号機納入
・スマート東京実施戦略
・セルフレジ
・ゼロエミッション宣言
・ゼロカーボンシティー
・ソーシャルファーム(東京)
・ツキノワグマ広域保護(四国)
・天神2丁目南ブロック(再開発)
・東海第2原発
・同性婚(婚姻の自由)
・成田新滑走路(3本目)
・羽田空港アクセス線(JR東)
・ヒルトン広島(再開発)
・風流踊(UNESCO無形文化遺産)
・舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」(日本語版)
・ベートーベン没後200年
・ムンバイ―アーメダバード高速鉄道計画(日印)
・横浜市庁舎跡地(再開発)
・京都先端科学大工学部
・佐渡市の金銀山史跡(世界遺産登録)
・自然志向のリゾート型IR(和歌山)
・那覇広域都市計画区域(沖縄)
・年金制度改革関連法
・富山駅北側(再開発)
・棒二森屋(百貨店)跡地(函館市)
・北海道ソサエティー5.0(北海道)
・北岩手循環共生圏
・明治神宮外苑地区(再開発)
・李洛淵(イナギョン)前首相(韓国)

【用字用語】
1)李洛淵=イナギョン(人名:韓国の前首相)
2)棒二森屋=ぼうにもりや(百貨店:函館市)
3)白糠町=しらぬかちょう(地名:北海道)
4)古平町=ふるびらちょう(地名:北海道)
5)東根=ひがしね(地名:山形)
6)咲洲=さきしま(地名:大阪市)
7)舞洲=まいしま(地名:大阪市)
8)夢洲=ゆめしま(地名:大阪市)

以上、お知らせいたします。
※引用、転載は出処を次のように明記してください。
※Future Lab 未来人「Future Report 2020年3月号」

Future Lab 未来人
Copyright(C)2020 MIRAIJIN