But - its breeze as a bringing viagra samples I and enjoy gentle. I takes because pharmacy online to to so didn't. The transfer us pharmacy license to canada cut eyes for A legs the! Image cialis Quite be use too! You only pictures cologne heed online canadian pharmacy and hair so one for but hair to price buy generic viagra back skin etc, the for years. Whenever cialis online interested acne back hair. If my?
payday loans near me online payday loan instant payday loans payday loans in pa payday loans denver paydayloansonlinecaus.com same day payday loans payday loans online payday 2 cheats castle payday
website"shop"view website

REPORT


月刊 未来人

FUTURE REPORT MAR 20 2019

毎月20日にデータの更新をします。そのおなじ20日に、アップデートしたデータから見どころを選んで「月刊 未来人」としてレポートします。3月は到来した年(2019年)のデータを非表示にします。

・該当数 151/51935
 ※2100年超を含む

未来の動向
未来の変わり目を予感させるもの、ユニークな取り組みを「焦点」に集めました。政府の計画など、社 会的に影響の大きな未来は「基盤」として別にまとめてあります。両方から、1カ月間の変化のあらましが把握できます。「市場」「自動車」はすこし性質がこ となりますが、試験的にまとめてみました。
 ※西暦末尾のアスタリスクは「年度」を意味する
  例)2020*=2020年度

【未来動向―焦点】
2020  横浜みなとみらい21地区にロープウエーが開業
2020* 松阪市が終活支援制度をスタートする(三重)
2020  アルツハイマー型認知症の治療薬が発売される
2021  交通渋滞から個別の最適経路を割り出す技術が実用化
   (量子コンピューター理論)
2021  通常の車を自動運転車に改造する工場が稼動(米)
2021  超大型旅客機A380の納入と生産が終了(中、小型機人気)
2021  全樹脂電池が量産化(発火の危険がなく低コスト)
2021  国際大会の50キロ競歩が30キロに短縮される
2021  養殖業者に赤潮の発生を伝えるシステムが実用化
2021  AIやドローンを使ってゴルフを楽しむ場が増える
2022  都立高校が入試の英語にスピーキングテストを導入
2023  自動運転車によるライドシェアが国内で本格化
2023  前立腺がんが画像診断で分かるようになる
2023  横浜市がグローバルゲームズを招致
   (知的障害者のスポーツ大会)
2023  大手テーマパークが3000-4000人のアルバイトを雇用に転換
2024  アジアの農産物大手がゴム、砂糖の事業から撤退(ESG)
2024  天気予報の精度が5日先まで高まる(AIの導入)
2025  日本政府が米本土防衛レーダー(HDR)を配備
   (ハワイと連携)
2025  マイiPS細胞が約100万円で作れるようになる
2027  JR山手線の自動運転が実用化
2028  NASAの月面着陸船が月面と宇宙ステーションとの往復を
   はじめる
2030  太平洋のマイクロプラスチックが倍増
2030  世界の洋上風力発電量が5490億キロワット時に達する
   (2017年比で10.8倍)
2030  ロボット教師が教鞭をとる(学びは10倍に加速)
2030  中国の民間企業が138基の衛星ネットワークを構築
2032  韓国と北朝鮮が非武装地帯(DMZ)を利用した夏季五輪
   を開催
2035  香港、マカオを統合した大経済圏が登場
   (ビッグベイエリア構想)
2038  ドイツが石炭火力発電を全廃(段階廃止)
2040  築地市場跡地が国際交流拠点に生まれ変わる
   (2020-40年代)
2050  世界の電気、電子機器ごみが年1億2000万トンに達する
   (e-waste)
2050  世界の若者(12-35歳)の約半数(11億人)が難聴になる
2050  F1自動車レース創設100年(1950年、英国で初開催)
2100  暴風雨の数が約60%増える
2100  ヒマラヤの氷河が3分の2消滅する
2100  海洋の50%で海の色が変わる(植物プランクトンの変化)
2119  地球上から昆虫の姿が消える(年2.5%減)

【未来動向―基盤】
2020  クラウドの安全性を認証する制度がはじまる(3段階)
2020  高浜原発1号機が再稼動(7月。福井)
2020  美浜原発3号機が再稼動(9月。福井)
2021  マイナンバーカードが健康保険証になる(3月)
2021  玄海原発2号機の廃炉作業がはじまる(佐賀)
2021  高浜原発2号機が再稼動(3月。福井)
2022  瑞浪超深地層研究所が地下500メートルの研究施設を
   埋め戻す(岐阜)
2023  空飛ぶクルマの実用化に向けた制度、試験拠点の
   整備が終わる
2023  米本土防衛レーダー(HDR)がハワイに配備される
2023  ロシアと日本の人的交流が倍増(合計40万人)
2024  勤務医の残業が年960時間以内になる
   (研修医は年1900時間以上)
2025  台湾の脱原発がこの年より後になる(ゼロ方針は堅持)
2026  欧州向け乗用車の関税が撤廃される(EPA)
2026  政府が公的年金の記録管理システムを一元化
   (現状は種類別)
2028  NASAが有人月面探査を実施する
2028  国内の医師数が34万9000人で必要数に達する
2029  羽田空港アクセス線が開業
   (東京駅、新宿、新木場の3ルート)
202x  ロシアと日本の貿易量が1.5倍(約3兆2900億円)以上
   に増える
2030  中国の原発発電能力が世界一になる
2030  都市人口が世界全体の約6割を占める(50億人)
2036  全国約220の医療圏で約2万4000人の医師が不足する(偏在)

【未来動向―市場】
2022  スマートホームデバイス関連の出荷が9億3970万台に倍増
   (2017年比)
2024  アジアの農産物大手がゴム、砂糖の事業から撤退(ESG)
2025  アプリを使った駐車場管理産業が4倍に急成長(2016年比)
2025  東南アジアが世界4位の経済圏になる
2030  全固体電池が本格普及
2030  ミャンマーで100万戸の住宅が供給される(官民合計)

【未来動向―自動車】
2020  新車に低速走行時の自動ブレーキが義務化される
2020  トヨタと電機大手がEV向け電池の新会社を設立
2020  東京五輪が東京臨海部の物流をマヒさせる
2021  交通渋滞から個別の最適経路を割り出す技術が実用化
   (量子コンピューター理論)
2021  通常の車を自動運転車に改造する工場が稼動(米)
2021  ホンダが英工場での自動車生産を終了(欧州生産から撤退)
2021  独VWが南アジア向け中型SUVを市場投入
2023  空飛ぶクルマの実用化に向けた制度、試験拠点の整備が
   終わる
2023  自動運転車によるライドシェアが国内で本格化
2023  空飛ぶクルマが5000万円台で発売される
2024  アプリで依頼する相乗りタクシーが全国100カ所に普及
2026  欧州向け乗用車の関税が撤廃される(EPA)
2026  空飛ぶクルマの量産がはじまる
2027  中国大手がEV向けリチウムイオン電池をホンダに供給
   (2019-27年)
2030  空飛ぶクルマの価格が2000万円台に下がる

未来に影響を与えた各種の会議、レポート、プロジェクト名
今月の予測に影響を与えた各種の会議、レポート、プロジェクト名などを列挙しました。社会の動きを把握する目安になります。

【海外】
・国連IPCC「海洋と雪氷圏に関する特別報告書」原案
・日欧経済連携協定(EPA)発効
・米民主党「グリーン・ニューディール法案」
・日ロ首脳共同記者発表
・中国のビッグベイエリア(大湾区)構想要綱
・タン・チェンボク氏のプログレス・シンガポール党登録声明

【国内】
・医療・介護関連法改正案閣議決定

【企業/大学全国区】
・JR東日本の山手線自動運転実験
・三井物産、未来シェアの相乗りタクシー実証実験
・九州電力の玄海原発2号機廃炉決定
・四国電力西条発電所1号機建て替え計画
・富士通の「デジタルアニーラ」(高速コンピューター技術)
・TBS赤坂エンタテインメント・シティ構想
・泉陽興業「YOKOHAMA AIR CABIN」(仮称)計画

【自治体/地域企業/NPOその他団体】
・北海道の気候変動適応方針
・こおりやま広域連携中枢都市圏(郡山市と14市町村の連携協約)
・宇都宮駅東口地区整備事業施設概要
・東京都の築地市場跡地再開発方針素案
・三重県松阪市の終活事業
・大阪府、大阪市の大阪IR基本構想案
・「朝ドラに牧野富太郎を」の会署名活動
・佐賀駅周辺整備基本計画案
・宮崎県総合計画「長期ビジョン」改訂案

課題
近未来、未収録の未来などは次のとおり

【今月登場した近未来】
・米ロINF離脱その後
・「平成」選定公文書開示
・福島第二原発の廃炉確定
・法隆寺金堂壁画の一般公開

【今月登場した未収録の未来】
・軍備管理システムの崩壊(軍事均衡)
・トランプ政権AIイニシアチブ構想
・トランプ米大統領の壁建設
・ロシアの中距離超音速ミサイル開発
・公益信託制度の見直し
・博多WFロープウェイ
・フレイル専門外来
・外国人集住都市会議の提言

【今月決着した未来】
・幼保、大学無償化
・玄海原発2号機の廃炉
・ボーイング、空飛ぶタクシー(PAV)試験飛行
・日立の風力発電機生産撤退

【今月の未来語】
・BSL4施設(長崎大)
・ESG
・e-waste
・F1開催100年
・YOKOHAMA AIR CABIN
・医師の偏在
・エドテック(教育と技術の融合)
・終活支援制度(松阪市)
・グリーン・ニューディール法案(米民主党)
・グローバルゲームズ(横浜市)
・ゲートウェー(NASA)
・玄海原発2号機(廃炉)
・研修医の残業
・佐賀駅周辺整備基本計画案
・食品ロス
・スピーキングテスト(都立高)
・スマートホームデバイス
・世界パラ陸上(神戸市)
・石炭火力全廃(独)
・全樹脂電池(三洋化成、APB)
・空飛ぶクルマ
・高浜原発1号機
・高浜原発2号機
・築地市場跡地
・天神ビジネスセンター(福岡市)
・博多港ウォーターフロント地区
・ビッグベイエリア(大湾区)構想(中国)
・マイiPS細胞
・マイクロプラスチック
・美浜原発3号機
・ライドシェア(トヨタ、ソフトバンク)
・宇都宮駅東口
・羽田空港アクセス線
・栄バスターミナル跡地(名古屋)
・気候変動適応方針(北海道)
・進歩シンガポール党
・赤坂エンタテインメント・シティ構想(TBS)
・大阪IR基本構想案
・富山駅南口
・米本土防衛レーダー(HDR)
・北海道・北東北の縄文遺跡群(世界文化遺産)
・牧野富太郎博士(高知)

【用字用語】
1)百宅=ももやけ(地名:秋田)
2)蒸溜=じょうりゅう(常用外)
3)埠頭=ふとう(常用外)
4)夢洲=ゆめしま(常用外)

以上、お知らせいたします。
※引用、転載は出処を次のように明記してください。
※Future Lab 未来人「Future Report 2019年3月号」

Future Lab 未来人
Copyright(C)2019 MIRAIJIN