But - its breeze as a bringing viagra samples I and enjoy gentle. I takes because pharmacy online to to so didn't. The transfer us pharmacy license to canada cut eyes for A legs the! Image cialis Quite be use too! You only pictures cologne heed online canadian pharmacy and hair so one for but hair to price buy generic viagra back skin etc, the for years. Whenever cialis online interested acne back hair. If my?
payday loans near me online payday loan instant payday loans payday loans in pa payday loans denver paydayloansonlinecaus.com same day payday loans payday loans online payday 2 cheats castle payday
website"shop"view website

REPORT


月刊 未来人

FUTURE REPORT JAN 20 2019

毎月20日にデータの更新をします。そのおなじ20日に、アップデートしたデータから見どころを選んで「月刊 未来人」としてレポートします。冒頭のグラフ「FUTURE MAP」は、しばらくお休みします。2月もお見舞いいってきます。

・該当数 226/51613
 ※2100年超を含む

未来の動向
未来の変わり目を予感させるもの、ユニークな取り組みを「焦点」に集めました。政府の計画など、社 会的に影響の大きな未来は「基盤」として別にまとめてあります。両方から、1カ月間の変化のあらましが把握できます。「市場」「自動車」はすこし性質がこ となりますが、試験的にまとめてみました。
 ※西暦末尾のアスタリスクは「年度」を意味する
  例)2020*=2020年度

【未来動向―焦点】
2019  インドネシアがLNGの輸入を開始(もとは輸出大国)
2019  スーパーシティの対象地域が決まる(夏)
2020  名古屋テレビ塔からバンジージャンプが楽しめる(7月)
2020  素泊まりできる道の駅が和歌山に登場
2020  多様化な働き方に対応した年金制度が国会で議論される
2020  富山県入善町で完全養殖サクラマスが出荷サイズに成長
2020  改正健康増進法が2階以上のフロア分煙を容認
2020  無料通信アプリ大手が新銀行を開業
2020  東京都品川区の原美術館が閉館(12月末)
2020  11月3日の文化の日が明治の日になる
2020  40代以上が成人人口の8割を占める
2020  仏政府が高速炉の研究を凍結
2020  東京メトロ日比谷線に新駅「虎ノ門ヒルズ」が開業
2020  強風でも発電する台風発電機が実用化(沖縄)
2020  港湾の貿易手続きがすべて電子化される(国内)
2020  弁当におかずを詰めるロボットハンドが実用化
2020  スウェーデン家具大手がフィリピンに世界最大店を開業
2020  地方テレビ局のあり方に関する報告がまとまる(3月)
2020  JR札沼線が廃止になる
2020  機動戦士ガンダムの動く実物大モビルスーツが登場
2020  独メルケル政権が専門人材移民法を実施
2021  EUの夏時間制度廃止がこの年以降になる
2021  AI搭載のマッサージロボが実用化
2021  東京のあらかわ遊園がリニューアルオープン
2021  クモの糸の遺伝子を使った新素材の繊維が量産化
2021  北海道倶知安町に高級コンドミニアムが完成
   (最高額10億円)
2022  空飛ぶ調剤所(ヘリファーマシー)が実現する
2022  英国のEU離脱がこの年6月までずれ込む(総選挙)
2022  行政と企業の分野間データ連携基盤が稼動
2022  経済指標化しにくい豊かさのサービス実験が終了(福岡)
2022  埼玉県蕨市が20歳を対象に成人式を実施(成人年齢18歳)
2023  東京マラソンが連続落選者向けの申し込み枠を設ける
2024  バングラデシュが初の原発を稼動
2024  大阪府が消防本部を8カ所に再編(大阪消防庁構想)
2024  向ケ丘遊園跡地がアウトドア複合施設に生まれ変わる
2025  中国政府が「中国製造2025」を見直す(米との摩擦回避)
2025  70歳を超える個人事業者が約150万人に増える
2025  培養肉の人工フォアグラが食卓にのぼる
2025  発火しないリチウムイオン電池の量産がはじまる
2025  国連加盟国がプラスチック製レジ袋、ストロー、
   食器の使用を止める
2026  映画スター、尾上松之助(1875-1926)没後100年
2026  米高速炉開発計画が多目的試験炉(VTR)の運転を開始
2028  JR豊肥線が熊本空港まで延伸する
2030  国内75歳以上の保有金融資産が31%を占める
2035  フランスが原発依存率50%に到達(原子炉14基を閉鎖)
2035  中国軍がインド洋と太平洋で米軍に対抗できるようになる
2045  インドネシアが日本に次ぐ世界5位の経済大国になる
2050  札幌市の円山動物園で動物が野生本来の行動を回復
2050  女性の2人に1人が93歳まで生きる
2100  化石燃料1.74兆トンが利用できない座礁資産になる
   (温暖化対策のため)

【未来動向―基盤】
2019  フランスがデジタル課税を単独導入(1月)
2019  EUのデジタルサービス税案がまとまる
2020  英国がデジタル課税(売上税)を導入(4月)
2020  個人情報を漏洩した企業に報告が義務付けられる
   (個人情報保護法改正)
2020  米宇宙統合軍が軍隊に昇格(発足時は5軍の下部組織)
2020  国際的な課税システムに関するG20の報告書がまとまる
2020  米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)がスタートする
   (段階導入)
2020  給付型奨学金の額が国公立で年間最大約80万円になる
   (高等教育の無償化)
2020  海自のいずも型護衛艦1隻が空母に改修される
   (戦闘機搭載能力10機)
2020  企業の水産業進出を促す改正漁業法が施行される
2020  漁獲量の個別割り当て(IQ)制度がはじまる
2020  米政府機関が中国のハイテク製品を使用する会社を排除
   (8月)
2020  OECDのデジタル取引課税案がまとまる
2020  住宅の省エネ建築基準が義務化(住宅の2020年問題)
2024  医師の残業時間に関する規制がはじまる(上限規制)
2024  日本の高速炉開発が第2段階に入る
2024  政府が最大34万5150人の外国人労働者を受け入れる
   (2019-24年)
2040  高等教育機関への進学者が約74万人に減少
   (2017年比で2割減)
2050  高速炉開発がこの年以降に実用化
   (従来目標の2050年を先延ばし)
2050  EUが気候中立な欧州を実現
   (温室効果ガス排出量実質ゼロ)
2057  日本の実質GDPが約25%減少(急速な少子高齢化)
2100  地球温暖化による米国の損失がGDPの10%に達する

【未来動向―市場】
2019  主要産油国が合計で日量120万バレル減産
   (2018年10月生産比)
2020  OECDのデジタル取引課税案がまとまる
2020  米中貿易戦争がこの年の米大統領選まで継続
2020  政府がプラットフォーマーの監視組織を立ちあげる
2020  国内主要8都市のホテル客室数が約33万室増える
   (2016年末比で32%増)
2020  送配電などの電力システム事業が1000億ドル市場に成長
2021  JEPXが電力卸売市場の当日取引に対応
2021  バイオマスプラスチックの世界生産量が1.5倍に拡大
   (2013年比)
2023  世界のバイオプラスチック生産能力が261万トンに拡大
   (2018年比で24%増)
2025  東南アジアのネット経済が3倍強に拡大(通販は5倍)
2025  中国の電力システム事業が年平均20%成長(2015-25年)
2025  国内の統合型リゾート(IR)が1兆7000億円の
   カジノ市場を形成(アジア第2位)
2025  肉や魚でないタンパク源の需要が高まる
2030  欧州の洋上風力発電導入量が約5000万キロワットに達する
2030  世界の石油消費量がこの年よりまえに減少に転じる
2030  中国の天然ガス消費量が2.5倍に急増(2017年実績比)
2030  米欧中のMaaS市場が1兆4000億ドルに拡大
2030  バイオマスプラスチックの国内出荷量が約30倍に拡大
   (2013年度比)
2030  iPS細胞の増殖関連市場が約5兆2000億円に拡大
2030  電機大手が中国事業の売上高を2兆円に拡大
2030  タイ、スワンナプーム国際空港の旅客取扱能力が
   年間1億5000万人に拡大
2037  アジア太平洋の航空旅客が年間39億人に達する
   (23億5000万人増)
2040  高等教育機関への進学者が約74万人に減少
   (2017年比で2割減)
2040  フィリピンの電力需要が3.7倍に拡大(2016年比)
2050  iPS細胞の増殖関連市場が約15兆円に拡大
2057  日本の実質GDPが約25%減少(急速な少子高齢化)

【未来動向―自動車】
2019  米GMが北米の5工場と北米以外の2工場を閉鎖
2019  この年10月以降登録分の自動車税が
   最大4500円安くなる(新車)
2020  自動運転車のスマートフォン操作、
   テレビ視聴などが解禁になる
2020  トヨタの燃料電池バス「SORA」が静岡の路線バスになる
2021  自動車税の「グリーン化特例」がスタートする(4月)
2030  UDトラックスが完全自動運転トラックを量産化


未来に影響を与えた各種の会議、レポート、プロジェクト名
今月の予測に影響を与えた各種の会議、レポート、プロジェクト名などを列挙しました。社会の動きを把握する目安になります。

【海外】
・G20首脳宣言
・第4回国連環境総会(UNEA4)に向けた国連環境計画(UNEP)
 閣僚宣言案
・経済協力開発機構(OECD)、(ポスト)BEPSプロジェクト
・国際通貨基金(IMF)日本経済の年次審査報告書
・米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)署名
・2019年度米国防権限法(NDAA2019)の規制第2段階
・米国、国家気候評価書
・欧州委員会の温室効果ガス新削減目標案
・仏次世代高速炉実証炉「アストリッド」計画凍結
・独メルケル政権の専門人材移民法案閣議決定
・「中国製造2025」改定案作成着手
・インドネシア政府の長期計画「インドネシア2045」

【国内】
・2019年度与党税制改正大綱
・防衛計画の大綱(防衛大綱)最終案
・改正漁業法成立
・スーパーシティ構想有識者懇談会中間報告
・自民党「明治の日を実現するための議員連盟」祝日法改正案
・内閣府、経済産業省「分野間データ連携基盤」構想
・高速増殖原型炉もんじゅの後継高速炉に関する
 経済産業省の開発方針骨子案
・高速炉開発に関する経済産業省の工程表(約10年分)骨子
・環境省プラスチック資源循環戦略案

【企業/大学全国区】
・NHKの値下げ発表
・新銀行「LINE Bank」設立構想
・日本経済新聞社「社長100人アンケート」
・第2回ヒトゲノム編集国際会議
・第一薬科大学「空飛ぶ調剤所」構想
・東北大学ビジョン2030

【自治体/地域企業/NPOその他団体】
・北海道第3次道消防広域化推進計画素案
・新さっぽろ駅周辺地区G街区開発プロジェクト(仮称)
・新さっぽろ駅周辺地区I街区開発プロジェクト(仮称)
・苫小牧市「苫小牧国際リゾート構想」(2018年6月)
・札幌市円山動物園の長期方針「ビジョン2050」最終案
・青森県消防広域化推進計画素案
・大阪消防庁構想
・大東市「北条まちづくりプロジェクト」


課題
近未来、未収録の未来などは次のとおり

【今月登場した近未来】
・中枢中核都市約80市選定
・日立、英原発新設撤退
・銚子沖、沖合洋上風力発電設備の営業運転
・日欧EPA発効
・大阪消防庁計画
・地方テレビ局の課題中間報告
・厚生労働省、健康寿命の目標と工程表
・北米自由貿易協定NAFTAの批准

【今月登場した未収録の未来】
・仏マクロン政権の燃料税引き上げ時期
・スペインのデジタル課税内容
・中国製通信機器の政府調達排除
・第2スカルノ・ハッタ空港建設
・省庁の障害者4000人採用延期時期
・就職活動の格差(就活格差)
・キャッシュレスシティKANAGAWA宣言目標
・JR豊肥線の熊本空港直結

【今月決着した未来】
・英メイ首相続投
・ゲノム編集出産
・カルガリー冬季五輪招致断念
・日本政府IWC脱退
・4K8K実用放送開始
・0円タクシー開始

【今月の未来語】
・(ポスト)BEPSプロジェクト(OECD)
・「中国製造2025」改訂案(中国)
・2019年度米国防権限法(NDAA2019)
・GAFA(米国の巨大IT4社)
・iPS細胞増殖関連市場
・JR横浜タワー(横浜駅西口)
・LINE Bank
・MaaS市場
・NET119緊急通報システム(消防庁)
・あき総合病院前駅(土佐くろしお鉄道)
・新しい年金
・医師の残業(厚労省)
・いずも型護衛艦の空母改修(防衛大綱)
・インドネシア2045
・大阪消防庁構想
・改正漁業法
・気候中立な欧州(EU)
・給付型奨学金(高等教育の無償化)
・漁獲量のIQ制度(改正漁業法)
・クモの糸素材(スパイバー)
・原発依存率50%(仏)
・憲法改正発議(自民党)
・高速炉開発(経済省)
・国際課税システム
・個人事業者の高齢化(経済省)
・小山駅西口(栃木)
・座礁資産
・札沼線(JR北)
・自動運転バス(前橋)
・住宅の2020年問題(省エネ建築基準)
・人工フォアグラ(インテグリカルチャー)
・新生児用ドクターカー(山口)
・スーパーシティ構想
・台風発電機
・高輪ゲートウェイ(JR東)
・地方テレビ局の課題
・中学校給食(尼崎市)
・使い捨てプラ全廃(UNEP)
・デジタルサービス税(EU)
・デジタル課税
・電力システム市場
・東南アジアのネット経済
・富山駅南口
・豊洲地区(東京)
・虎ノ門ヒルズ(日比谷線)
・名古屋テレビ塔
・夏時間制度廃止(EU)
・燃料電池バス「SORA」(トヨタ)
・バイオプラスチック
・仏アストリッド計画凍結(ウランの余剰)
・フロア分煙(厚労省)
・米中貿易戦争
・ヘリファーマシー(第一薬科大)
・マッサージロボ(豊橋技術科学大)
・無人レジ(ローソン)
・明治の日(旧明治天皇誕生日)
・リカレント教育
・宇宙統合軍(米国)
・義務教育学校
・旧米軍上瀬谷通信施設跡地(横浜)
・金融ジェロントロジー(老年学)
・向ケ丘遊園跡地
・受精卵ゲノム編集の国際基準化
・新さっぽろ駅(札幌市)
・専門人材移民法案(独)
・多目的試験炉(VTR)
・東北大学ビジョン2030
・特別法人事業税(国税)
・苫小牧国際リゾート構想(北海道)
・南伊予駅(JR四国)
・博多港ウォーターフロント地区(福岡市)
・柏崎刈羽原発7号機(東電)
・分野間データ連携基盤(内閣府、経済省)
・米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)

【用字用語】
1)金融ジェロントロジー=老年学(金融)
2)札沼線=さっしょうせん(鉄道)
3)尾上松之助=おのえまつのすけ(映画)
4)田中千禾夫=ちかお(劇作)
5)歌志内=うたしない(北海道)
6)長万部=おしゃまんべ(北海道)
7)美唄=びばい(北海道)
8)厚別区=あつべつく(札幌)
9)川内村=かわうちむら(福島)
10)蕨市=わらびし(埼玉)
11)高輪=たかなわ(東京)
12)上瀬谷=かみせや(横浜)
13)入善町=にゅうぜんまち(富山)
14)久山町=ひさやままち(福岡)
15)埠頭=ふとう(常用外)

以上、お知らせいたします。
※引用、転載は出処を次のように明記してください。
※Future Lab 未来人「Future Report 2019年1月号」


Future Lab 未来人
Copyright(C)2019 MIRAIJIN